top top
吉永機械株式会社トップへ
建築工事用機械
土木工事用機械
クレーン・その他
吊り治具・装置
特殊機械
本設機械
会社案内
採用情報
お問い合わせ
会社概要
会社概要
商号 吉永機械株式会社
設立 1967年(昭和42年)3月3日
本社 〒130−0021 東京都墨田区緑4−4−3 吉永ビル
電話 03(3634)5651
FAX 03(3632)0562
アクセスマップ
資本金 7500万円
営業種目 クレーン・建設機械・作業船装置・ウインチ等の設計・製作・販売・レンタル
鋼構造物工事・機械器具設置工事
役員
代表取締役社長 池永憲明
取締役 染谷行雄
取締役 池永昌弘
監査役 内藤文子
従業員数 44名
工場他
千葉工場  千葉県白井市名内1−3 白井第二工業団地
 電話 047(497)1241
 FAX 047(497)1243
茨城機械ヤード  茨城県稲敷市東大沼西山62番
 電話&FAX 0299(79)0903


沿  革
1956年 東京都墨田区に創業
1967年 資本金100万円として、吉永機械株式会社を設立
市川工場を開設
1972年 200tフローティングクレーンを納入
1973年 55m大型杭打船を納入
1974年 50m大型杭打船 8隻を中華人民共和国に納入
1975年 資本金を2000万円に増資
市川工場を閉鎖し、千葉工場を新設
1976年 55m大型杭打船をサウジアラビアに納入
1977年 陸上杭打装置を 15基イランに納入
1978年 大型連続壁工事用掘削櫓を納入
1979年 建設業登録を行う(鋼構造物工事業、機械器具設置工事業)
60m大型杭打船 2隻を中華人民共和国に納入
1980年 資本金を3000万円に増資
千葉工場を増築
1981年 大型ずり出し装置(8m3) 2基を納入
1983年 200tフローティングクレーン 2隻を中華人民共和国に納入
75tデリックをトルコに納入
1984年 200tフローティングクレーン 2隻を中華人民共和国に納入
1986年 100t全旋回式フローティングクレーンをソビエト連邦共和国に納入
1987年 タワークレーンクライミング架台を開発、納入開始
70m大型杭打船を中華人民共和国に納入
1988年 自動玉掛け外し金具 つる太郎MK−Uを開発、納入開始
1989年 大型連続壁工事用鉄筋建て込み櫓を納入
大型橋形クレーンをJR東日本に納入
1990年 高速大型ずり出し装置(10m3) 3基を明石海峡大橋1A下部工JVに納入
1992年 本社ビル新築
資本金を4500万円に増資
千葉機械ヤード(3,500m2)を開設
1994年 資本金を7500万円に増資(東京中小企業投資育成(株)に引き受け頂く)
1995年 クレーンゴンドラを開発、NEC本社ビルに納入
1997年 エレベーター試験棟 揚重システムを納入
3月社長に池永憲明就任
1999年 経営革新法認定企業となる
2001年 長尺反転装置 写楽を開発、納入開始
2002年 ダム工事用 大型コンクリート運搬装置(テルハ型)2基を納入
2003年 茨城機械ヤード(12,000m2)を開設
千葉機械ヤード閉鎖
2004年 「ダムコンクリート運搬用テルハ」がダム工学会の技術開発賞を受賞
2007年 創立40周年パーティー開催
10月VIを実施
2008年 新型クライミング架台を開発、納入開始
緊急時避難用設備開閉式ヘリパッドを超高層ビル新宿コクーンタワー
に納入
2009年 新型パイルキーパー 10基を羽田空港D滑走路建設工事に納入
2010年 大径シールド工事用機械多数納入
2011年 28t吊り大型テルハを「あべのハルカス」(日本最高の超高層ビル)工事
に納入
2012年 クレーン兼用ゴンドラをNEC本社ビルに納入
携帯電話電波塔設置工事用機械を多数納入
2013年 100t揚重用大型昇降構台を千葉駅改修工事に納入
2014年 ダム再生工事用シャフト固定装置を納入(数々の賞を受賞)
2015年 超高層ビル設備カーテンウォールスライド装置を納入
2016年 レールハンドリング用特殊橋形クレーンをJR東日本東京レールセンター
に納入
新型つる太郎MK-Vを開発
2017年 創立50周年パーティ開催、50年誌を発行

戻る

吉永機械株式会社
東京都墨田区緑4-4-3 吉永ビル
TEL 03-3634-5651
Copyright (c) 1999-2020 YOSHINAGA MFG Co.,Ltd. All rights reserved.